本文へ移動
バンドウクリエート株式会社
〒779-3133
徳島県徳島市入田町月ノ宮74番地2
TEL.088-636-5277
FAX.088-644-0278
1.一般廃棄物処理業
2.一般廃棄物再生利用業
3.産業廃棄物収集運搬業
4.産業廃棄物処分業

施設概要

事業の用に供する施設の概要

中間処理施設 Ⅰ

施設の種類
破砕施設
施設の名称
コンクリート再生工場
処理品目
がれき類
設置年月日
1991年9月1日
設置場所
徳島市入田町笠木301番地3
処理能力
720t/日
稼働時間
8h/日 (8時から17時まで)
処理方式
破砕機(ジヨークラッシャー、インパクトクラッシャー)・振動篩
構造・設備の概要
供給設備(最大塊厚さ400mm.×巾550mm.×長さ700mm.)
破砕設備(所要電力計251kw.)
原料ホッパー:1台
グリズリスクリーン:1台
破砕機:2台
磁撰機:2台
コンベヤ:7台
環境保全対策
※噴霧式プランジャーによる散水
※調整池

中間処理施設 Ⅱ

施設の種類
破砕施設
施設の名称
木材再生工場
処理品目
木くず
設置年月日
1993年12月1日
設置場所
徳島市入田町月ノ宮8番地1、9番地1、13番地1
処理能力
79.2t/日
稼働時間
8h/日 (8時から17時まで)
処理方式
ショレッダー(ハンマー)式破砕機・振動篩
構造・設備の概要
供給設備(最大塊厚さ1,620mm.×巾2,600mm.×長さ9,000mm.)
破砕設備(所要電力計185kw.)
ショレッダー:1台
自動鉄片除去機:2台
金属検出除去機:2台
ロータリースクリーン:1台
コンベヤ:12台
環境保全対策
※振動、騒音、防塵を防止するため、その原因となる機械を地下に収容
※防塵の飛散防止のため機械の屋内設置、散水設備、換気設備の設置

中間処理施設 Ⅲ

施設の種類
破砕施設
施設の名称
木材再生工場
処理品目
廃プラスチック類、ガラスくず及び陶磁器く
設置年月日
2002年10月24日
設置場所
徳島市入田町月ノ宮9番地1、29番地30
処理能力
4.9t/日
稼働時間
7h/日 (8時から16時まで)
処理方式
一軸破砕機
構造・設備の概要
破砕設備(所要電力計45kw.)
排出設備 プラスチックコンベヤ 3台
環境保全対策
※振動、騒音、防塵を防止するため、機械の屋内設置、散水設備

中間処理施設 Ⅳ

施設の種類
焼却施設
施設の名称
木材再生工場
処理品目
廃プラスチック類、木くず、紙くず、繊維くず
設置年月日
2002年10月24日
設置場所
徳島市入田町月ノ宮9番地1、29番地30
処理能力
廃プラスチック類  18.48t/日
木くず 48t/日
紙くず 60.72t/日
繊維くず 45.6t/日
稼働時間
24h/日 (3交替制)
処理方式
スターカー式焼却炉
構造・設備の概要
●前処理設備
破砕機1  150kw(二軸せん断式)
破砕機2  45kw(一軸マルチカッター式)
破砕機3  110kw(二軸せん断式)
コンベヤ   16kw 7台
磁撰機   2.2kw
振動篩   5.5kw
バグフィルター 11kw.(集じん機)
●焼却設備
1.受入供給設備
受入ホッパー 5.5kw
重油タンク   10㎥
2.焼却設備
ストーカ  10.24㎡(火格子面積)
焼却炉  117.4㎥
(内二次燃焼室81㎥、ガス滞留時間3秒)
供給フィーダー
油圧ユニット 15kw
ストーカーバーナ 1.5kw 60l/h
二次燃バーナ   3.7kw 160l/h
送油ポンプ     0.4kw
3.排ガス冷却設備
ガス冷却室 80㎥
水噴射ノズル 5.5kw 26本
汚水噴射ポンプ 11kw
汚水タンク 8㎥
4.排ガス処理設備
バグフィルター 47.2kw 
処理ガス量 42,000㎥N/h
有害ガス除去装置 消石灰サイロ 30立方メートル 0.4kw
活性炭サイロ 1.5㎥ 0.4kw
吸込ブロア 7.5kw
5.通風設備
送風機 3台 162kw 1,670㎥/m
煙突  25m/H
6.灰出設備
コンベヤ 2台 3kw
ダスト調湿装置 3.7kw
重金属安定剤注入装置 0.2kw
灰出排水槽  9㎥
7.共通設備
給水タンク  30㎥
空気圧縮機 3台 165kw
冷却水ポンプ  3.7kw
8.監視装置
CO-O2分析計  0~1,000ppm
HCI-O2分析計  0~500ppm
環境保全対策
1.大気汚染防止
ばいじん 0.02g/㎥N以下(O2、12%)
硫黄酸化物 K値2以下
窒素酸化物  180ppm以下
塩化水素   300mg/㎥以下
ダイオキシン類 0.8ng-TEQ/㎥N以下(O2、12%)
一酸化炭素  100ppm以下
2.水質汚濁防止
プラント排水…発生しません
生活排水…単独浄化槽排水は敷地内雨水と共に油水分離槽を経由して放流
雨水…油水分離槽を経由し放流
油水分離槽の油分…汚水タンクに収容し焼却炉へ噴霧処理
3.騒音防
可能な限り低騒音の機械を選定する。
騒音発生の大きい機械は、屋内に収容し屋外は防音壁を設置する。
4.振動防止
振動発生の比較的大きい機械は、強固な基礎を設ける等の房新対策を講じる
5.悪臭防止
●処理対象物からの臭気は少ないが、焼却する物を屋内で保管し、屋内換気を焼却炉の燃焼用空気として使用し、高温脱臭するため周囲への臭気の逸散はない。
●焼却炉の温度は850℃以上を維持して、高温脱臭により煙突からの臭気を防止する。
●また立上げ、立ち下げ時にはストーカーバーナ及び助燃バーナを使用する。
6.焼却灰・ダスト
●焼却灰及びダストの熱灼減量は10%以下
●焼却灰及びダストのダイオキシン類の含有率は3ng-TEQ/g以下
●焼却灰及びダストは、下表の埋立処分基準値を遵守する。
表1.産業廃棄物の埋立処分基準値
項目名
単位
産業廃棄物
埋立処分基準値
1
アルキル水銀又はその化合物
mg/L以
検出されないこと
2
水銀又はその化合物
mg/L以
0.005
3
カドミウム又はその化合物
mg/L以
0.3
4
鉛又はその化合物
mg/L以
0.3
5
六価クロム又はその化合物
mg/L以
0.15
6
砒素又はその化合物
mg/L以
0.3
7
セレン又はその化合
mg/L以
0.3
また、飛散及び流出防止のため、以下の対策を行ないます。
  • 焼却灰は排出時にコンベヤ内で加湿、集じんダストは調湿装置で加湿し飛散しないようにする。
  • 焼却灰及びダストは、屋内設置の焼却灰コンテナ、ダストコンテナに貯留し、雨水と接触しないようにする。

産業廃棄物処理施設

●産業廃棄物処理施設設置許可証の写し

事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図

● 事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図

産業廃棄物の一連の処理の工程

● 産業廃棄物の一連の処理の工程(2018年4月~2019年3月)

産業廃棄物の焼却施設における熱回収実績

● 産業廃棄物の焼却施設における熱回収実績 (2016年4月から2019年3月まで)
【2019年4月更新】
 
●熱回収実績(月次 2018年4月から2019年3月まで)
※当会社は、熱利用、発電とも現在は行っていません。
 
●熱回収実績(月次 2017年4月から2018年3月まで)
※当会社は、熱利用、発電とも現在は行っていません。
 
●熱回収実績(月次 2016年4月から2017年3月まで)
※当会社は、熱利用、発電とも現在は行っていません。
 
バンドウクリエート株式会社
徳島県知事許可 
 産業廃棄物収集運搬業  3600122310
 産業廃棄物処分業 3620122310
 
取り扱う産業廃棄物の種類
廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、がれき類、燃え殻
(※自動車粉砕物及び特別管理産業廃棄物を除く)
 
 
取り扱う一般廃棄物の種類
パレット類、剪定木、流木、徳島市で処理困難な一般廃棄物

 
TOPへ戻る